アスタキサンチンという言葉を初めて聞いた人もいると思います。
普通あまり目にしたりする言葉ではないので、当たり前でしょう。
しかし、今このアスタキサンチンという成分の効果が高いという事が分かり、色々な分野で注目を集めているのです。

スポンサードリンク

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンについてご説明したいと思いますので、是非覚えて頂きたいと思います。

アスタキサンチンというのは、色素物質の事で、ノーベル化学賞を受賞したリヒャルト・クーンや、オーストリアやドイツの科学者たちによって発見されました。
リヒャルト・クーンは、ビタミンBの分離を行った人としても知られています。

色素物質の一つにアスタキサンチンという成分があると聞いても、理解できる人は少ないかもしれません。
しかし、緑黄色野菜に含まれている赤や橙や黄色といった色素のカロテノイドの一種と聞けば、納得できるのではないでしょうか?

つまり、アスタキサンチンはβ−カロテンの仲間という事になるのです。
それでは、どのようなものにアスタキサンチンという成分は含まれているのでしょうか?

カニや海老などの甲穀類の穀や、それらを餌としているマダイや鮭などの魚類となっています。
カニや海老や鮭が赤いのは、アスタキサンチンという成分によるものだからなのです。

よって、アスタキサンチンとう成分が含まれているかという事は、赤い色素をもっている為、私達の目で見ても確認する事も可能ですね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

アスタキサンチンの効果と効能:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://p.f122.com/asutakisantin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。